持ち込み修理・配送修理の注意点

持ち込み修理のときはどうしたらいいの?

スマホも精密機械ですから、丈夫に作ってあっても落としたり他からの衝撃を受けて画面が割れたり動作しなくなってしまうということがありえます。近くに修理できる店舗があるなら持ち込む方が早いときもありますが、正規または非正規どちらの店舗なのかをまず確認しましょう。正規店であれば代替機が用意されていることが多いので、それを利用すれば使えない期間というのはありません。非正規は基本的に代替機がありませんので、画面割れ程度で当日返却であれば利用してみるのも良いでしょう。データのバックアップに関しては正規・非正規の店舗どちらの場合であっても修理前にしておくことが大前提です。費用だけでなく不明点があればそちらも確認してから出しましょう。

配送修理の場合はどうするの?

配送修理の場合は、自分が利用しているサービスの状況によりけりですが、回収時に新品と交換であればそのまま使ってしまえば構いません。ただし、単に修理として出す場合には代替機がないことが殆どなので注意しましょう。自分で回収してもらうために梱包をするときには、配送時の二次破損などないように、緩衝材も用意して包んでから出すようにすると安心です。バックアップは必ず取るようにするのが鉄則です。修理に出してからいつごろ戻ってくるのかも、利用するお店によって変わります。スマートフォンは生活に欠かせないツールですから、いつ頃修理が終わるのかは自分で日程を確認しておきましょう。宅配時の配送料金や支払い方法も見て、きちんと支払いも済ませておくことが大切です。

自分でiphone6sのバッテリー交換をするのには、電気用品安全法準拠の工具セットがとても便利になります。交換前は、バックアップを必ず取っておくことが必要です。