正規サービスプロバイダのメリット

一定の技能を持つスタッフが純正修理部品を用いて修理してくれる

動作がおかしくなったiPhoneの修理を正規サービスプロバイダに依頼するメリットは、iPhoneを発売しているメーカーの直営店に依頼するときとほぼ一緒です。まず、iPhoneの発売元が認定した一定以上の技能を持つスタッフが、メーカーから供給される純正部品を用いて修理をしてくれる点がメリットとして挙げられます。発売元からの認定を受けていないいわゆる非正規店では、対応するスタッフの技能が店舗によって差があり、修理の際に使用される部品も非純正品であるため、依頼先を間違うとこちらが望む形で端末が修理されずに返却されてくる可能性があります。しかし、正規サービスプロバイダであればこのような可能性はほぼ無く、安心して修理を依頼することができます。

発売元の保証規定を適用して修理を受けられるのもメリット

iPhoneの発売元が定めた保証規定を適用できるのも正規サービスプロバイダに修理を依頼するメリットです。iPhoneは購入すると無条件で1年間のハードウェア製品限定保証が付与され、使用者本人の過失以外の原因で起きた不具合であれば原則無償で修理してもらうことができます。また、購入日から一定の期間内に有料の延長保証サービスに申し込めば保証期間が2年に延長され、過失による不具合に対しても2回まで格安の料金で修理してもらうことができます。保証を適用した上で修理を受けられる店舗は発売元の直営店と正規サービスプロバイダだけなので、保証期間がまだ終了していないうちに端末に不具合が発生した場合は、よほどの理由がない限り正規サービスプロバイダに修理を依頼した方がお得です。

故障したiphoneの修理をしている専門店では、iphoneが起動しない場合でもデータを失うことなく復元してもらえる可能性があります。