非正規修理店のデメリット、注意点

修理後のアフターサポートの期間が短い店舗が多い

非正規修理店でiPhoneの修理をしたい時には、修理後のアフターサポートの内容について、契約時にきちんと確認することが重要です。一般的に、非正規修理店の中にはアフターサポートの期間が短めに設定されているところが多く、長く同じiPhoneを使い続けたい人は、満足のいく対応を受けられないことがあります。また、生産が終了して長い期間が経った機種については、アフターサポートの対象外となることもあるため注意が必要です。なお、非正規修理店に一度でも依頼をした場合には、正規のキャリアのメンテナンスの対応を断られてしまうリスクもあります。そのため、各地の非正規修理店のサービスに目を通しながら、将来を見据えて適切な修理の方法を選択することが大切です。

店舗によって修理の担当者のスキルにバラつきがある

非正規修理店は、店舗によって修理の担当者のスキルにバラつきがあるため、特に難しい作業を任せる場合には、余裕を持って店舗選びをすることが肝心です。また、格安価格で修理を受け付けている非正規修理店には、ベテランのスタッフが少なかったり、代替のパーツの品質が悪かったりすることがあるため、日ごろから多くの顧客から支持されている店舗の特徴を調べることが大事です。最近では、店内に在籍しているスタッフの主な修理の実績や作業に必要な期間について、明確にホームページなどに記載している非正規修理店の数も徐々に増えています。そこで、iPhoneを修理に出す際に、複数の非正規修理店の情報を集めて、安心して作業を依頼できるところを見定めることが重要です。